0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DB百珍 その2

さて、データベース環境を作るにしても、会社で仕事のためにやるわけじゃない。自分のためだ。つまり自費。
極力出費は低く抑えたい。できれば全てタダって形で。
という事で、低価格もしくは無料でできる形を考えた。

データベース:
・PostgreSQL... 無料可能
・MySQL... 無料可能
・Oracle... Oracle Expressって機能限定版がある。フリーのLinuxに入れられれば無料で使える?
・SQL Server... SQL Server Expressって機能限定版があるのはいいが、入れられるのはWindowsの上だけって事で、ここがネックか。
・DB2... DB2 Expressってのがある。情報が少ないが、Linuxへインストールできるようなので、フリーのLinuxに入れば使えるが?
・Netezza... 無料版はなさそう。PostgreSQLベースなので、別に実験に使わなくてもいいか?
・Teradata... Teradata Expressってのが使える。同じく情報は少なめ。

それにしても、こごごとくみんな"Express"って名前なのは笑える。


OS:
・Linux... 無料のものが多い。RedHatとかSuSEみたいなエンタープライズ版にも、たいてい同じ会社がメンテしてる無償のコミュニティ版がある。
・Windows... ライセンスどこかから買ってこないといけないか。複数のこういう製品を同一環境に入れるのは極めてまずそう。特に商用系は他者製品と同一OS上に入れる事なんてまず想定してないだろうし。


ハードウェア:
VMWareなどの仮想マシンを使って、同一PC上で済ませたい。
いちいち環境ごとに別のPC買ってたらヨメの目が厳しい。(笑)
スポンサーサイト
【 2013/12/17 (Tue) 】 データベース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Ed U Song

Author:Ed U Song
社内ノマドなエンジニア。
仕事で触れる機会のないものを自宅環境作って実験。

スポンサーリンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム


                                         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。