1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CentOS ネットワーク障害!!

仮想OSのインストールまでは簡単にいった。
ただ、ネットワークの設定でつまずいてしまった。

一度はゲストOSからホストOS経由で外部ネットワークにつながったけど、なぜかそれ以降つながらなくなってしまったし。
それに、ホストOSからゲストOSへの接続がうまくいかなかった。


データベース構築って目的だと、こりゃダメダメっすね。


いろいろ調べた結果、ブリッジとNAT(デフォルト)がゲストOSのネットワーク設定として選べるのだが、NATで固定IPアドレスにして、ホストOSゲストOSの間で相互に通信できるようにするのが一番簡単なようだ。
(いろいろ試す前、最初はそうしてた筈だが、なんでダメだったんだろう?)

ブリッジだと、ネカフェのWifiなどでDHCPの環境になったら、ゲストOSのネットワーク設定しないといけなくなってしまうしね。
それにアタックされても困るし。ノートPCをカフェとかに持って行くので、その時にきちんとセキュリティ対策されてないLinux環境がアクセスし放題になってもかなり困る。

それに、ブリッジだと、ゲストOSをDHCPにしない限りゲストOSのIPアドレスを都度設定しないといけなくなるし、ゲストがDHCPだとホストからの通信が面倒になる。


という事で、家庭ネットワーク内の話なのにも関わらず、ネットワーク構成図なんてものまで描いてしまった。どうやらきまった図式ってものは存在しないようなので、わかり易さ最優先で綺麗さを気にせず描く。

VISIOも持ってないしさ。

vmware_network_configs.png


パワポはお手のもの。IT関係と言っても、仕事では正直言ってメーラー以外はExcelとパワポくらいしか使わないからなぁ。

あ、それと会議室予約掲示板w


スポンサーサイト
【 2014/01/12 (Sun) 】 OS Linux | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Ed U Song

Author:Ed U Song
社内ノマドなエンジニア。
仕事で触れる機会のないものを自宅環境作って実験。

スポンサーリンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム


                                         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。